一般社団法人

日本非破壊検査協会

The Japanese Society for Non-Destructive Inspection

ホーム > 資格試験 > PED NDT承認制度

資格試験

このページは、『 PED NDT承認制度 』です。
内容は、「認証事業本部からのお知らせ」の下に掲載されています。

認証事業本部からのお知らせ

2017年5月19日   JIS Z 2305:2013 再認証試験受験申請受付状況 <2017年秋期 再認証試験> PDF [PDF]NEW

2017年4月14日   2017年4月14日(金)19:00到着分にて、2017年秋期 JIS Z 2305非破壊試験技術者資格試験の再認証試験の受験申請受付を終了しました。
             2017年5月22日(月)(予定)に、受験申請受付状況をホームページに掲載します(受付速報掲載)。
              ※受験申請と資格継続調査について、試験委員会及び査定委員会の審査で適格となった方(受験受付した方)を掲載します。

2016年9月30日   通常資格(MT2、PT2)から限定資格(MY2、PD2)に書き替えを済ませた資格証明書について PDF [PDF]

2016年9月30日   通常資格(MT2、PT2)から限定資格(MY2、PD2)への書き替え追加実施のご案内(その2) PDF [PDF]

PED NDT承認制度

EUにおけるPressure Equipment Directive(PED97/23/EC)は、1999年11月29日に施行され、2002年5月29日から強制施行されました。それに伴って、EU域内で流通又は使用されるカテゴリⅢ及びⅣの圧力機器の溶接継手に対する非破壊試験(NDT)に関わる試験技術者は、特別の適格性証明が求められることになりました。
適格性証明を得る手段の一つとして、現在、我が国のほとんどの企業においては、SNT-TC-1AをベースとしたAuthorized InspectorのOn-site auditによる方法で証明を取得されております。この件に関して、関連企業から、手続き・管理の簡素化及び費用の低減化を図るため、当協会のJIS Z2305による認証をベースとした証明取得ルート構築の要望が寄せられました。当協会では、非破壊試験技術者認証の国際化対応及び技術者へのサービスの一環として、PED NDT承認制度の構築を決定し、その第1段階として、2005年5月に、英国非破壊試験協会(BINDT)との間で、PED承認のための協定(MOU)を締結いたしました。その後、ワーキンググループを立ち上げ、BINDTと具体的内容の検討を進めました。2006年7月にPED NDT承認申請方法等が決まり、2007年よりPED承認申請のために必要なサプリメント試験を実施致します。ただし、PEDサプリメント試験に関しましては、JIS Z 2305の試験と異なり、試験実施最小人数が集まらない場合、試験実施を中止しますので予めご了解願います。
なお、今回のPED NDT承認制度によるPED NDT承認証明書は、JIS Z 2305資格証明書と合わせて用いることでEU加盟国内で有効となりますがEN 473資格証明書ではありません。

PED サプリメント試験

PED NDT 承認申請

ページトップへ