一般社団法人

日本非破壊検査協会

The Japanese Society for Non-Destructive Inspection

学術活動

 

平成28年度保守検査部門・新素材に関する非破壊試験部門

合同ミニシンポジウム講演募集

 

保守検査部門 主査 関野晃一  

新素材に関する非破壊試験部門 主査 内一哲哉  

 

(一社)日本非破壊検査協会保守検査部門と新素材に関する非破壊試験部門では、
2016年7月7日に横浜で開催する、平成28年度保守検査部門・新素材に関する非破壊試験部門
合同ミニシンポジウムの講演発表テーマを募集します。

保守検査部門は「プラント・設備などの安全性や信頼性を維持・向上させるために、
劣化危険性の高い部位及び設備について、検査、信頼性評価、コンディションモニタリング及び
余寿命評価などを行い、さらに安全性と経済性を総合評価して部分補修、弱点部位の更新等の
延命策を決定する」に寄与することを目的とし、活動をしております。
一方、新素材に関する非破壊試験部門は、航空宇宙、社会基盤構造物などにおける新素材の
非破壊評価に関する研究、調査及び普及を目的とした活動を行っています。特に、様々な
非破壊検査技術および非破壊評価技術の応用を横断的に調査していることに特徴があります。 
保守検査部門・新素材に関する非破壊試験部門では、両部門で共通のテーマも多く、
部門間での交流を図る目的として、合同ミニシンポジウムを企画しました。

 

保守検査部門委員・新素材に関する非破壊試験部門委員や当協会会員以外からも広く講演・
参加を受け付けます。新しく開発した技術、手法はもちろん、現場での検査事例など、
上記に関するものなら、どんな内容の題目でも結構です。

今回は、優秀な講演論文は(一社)日本非破壊検査協会学術奨励賞に推薦したいと存じておりますので、
奮ってお申し込み下さい。

なお、本ミニシンポジウムは、JIS Z 2305非破壊試験技術者のレベル3再認証試験に適用できる、
クレジット・システムに該当しております。

講演募集テーマ

プラント・設備などの安全性や信頼性を確保するための検査、信頼性評価、余寿命評価手法、

コンディションモニタリング技術、ICT活用による保守検査技術など

先進材料及びその製品の非破壊評価手法

 

日 時:平成28年7月7日(木)~8日           (金)

会 場:KGU関内メディアセンター

神奈川県横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンタービル8F

参加費:

保守検査部門・新素材部門登録団体会員

 無料(論文集1冊を含む)

保守検査部門・新素材部門登録個人会員

登壇者・座長

上記以外のJSNDI正会員

 ¥2、000(論文集1冊を含む)  

非会員

 ¥3、000(論文集1冊を含む)

 

講演申込締切日:平成28年5月13日(金)

 

原稿提出締切日: 平成28年6月 3日(金)厳守願います。

 

原稿枚数:A4版(刷上りB5版)、6頁以内の偶数頁

講演申込方法:協会ホームページ(http://www.jsndi.jp/sciences/section/index10-3.html)からお申し込み下さい。

申込先:〒136-0071 東京都江東区亀戸2 丁目25 – 14 立花アネックスビル10 階

(一社)日本非破壊検査協会学術課

「保守検査ミニシンポジウム」係  TEL(03)5609-4015FAX(03)5609-4061

E-mail:nakamura@jsndi.or.jpURL:http://www.jsndi.jp/

     
1か月半年年間

<<2017年02月>>

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
1か月半年年間
1か月半年年間