一般社団法人

日本非破壊検査協会

The Japanese Society for Non-Destructive Inspection

学術活動

各部門・研究会のページ

各部門・研究会のボタンをクリックしてください。

 

学術活動

新素材の非破壊評価特別研究委員会

英文名称 Ad Hoc Research and Technical Committee on NDE of new materials
活動案内 新素材の非破壊評価特別研究委員会は1986年に設置され、以来約20年活動している委員会で、セラミックス、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)などの複合材料、電子部品に用いられる樹脂、コーティングやスパッタリングなどによる薄膜などを対象とした各種新素材の非破壊検査技術(超音波、放射線、電磁気、赤外線等による検査)について研究、調査を行っています。 本研究委員会では、上記の研究・調査の他、新素材の非破壊検査技術を確立すべく情報収集および技術交流を行っています。また、必要に応じて日本非破壊検査協会規格(NDIS)化などの標準化作業も適宜行っています。研究委員会は通常3回/年開催し、内1回はオープンシンポジウムを開催しています。
活動回数/年 平成18年度 3回
平成19年度 3回(予定)
委員数 15名(平成19年度現在)
活動のキーワード セラミックス、炭素繊維強化プラスチック(CFRP),複合材料、高分子材料、樹脂、薄膜、電子部品、半導体、知能材料、生体・医用材料、超音波探傷検査、放射線探傷検査、磁気探傷検査、磁粉探傷検査、渦流探傷検査、浸透探傷検査、AE法、赤外線サーモグラフィ、応力・ひずみ測定、ヘルスモニタリング、音・振動計測、レーザー利用技術、非破壊計測・評価・診断技術、バイオメカニクス、バイオテクノロジー、センサ技術、信号・画像処理、ナノ計測 【3】その他種々の非線形現象、連成物理効果を利用した非破壊検査・材料評価
活動計画 新素材の非破壊評価に関する研究、調査及び普及を推進する。また、新素材に関連した規格の整備を推進する。
過去の活動、活動実績
平成18(2006)年〜
平成18年度 第1回 特別研究委員会
開催日:平成18年6月15日(木)
場 所:(社)日本非破壊検査協会 会議室
第2回 研究会
特別研究委員会
場 所:(社)日本非破壊検査協会 会議室
第3回 特別研究委員会
開催日:平成19年2月22日(木)〜23日(金)
場 所:(独)産業技術総合研究所
平成19年度 第1回 特別研究委員会 「界面の健全性評価技術に関する合同ワークショップ」
開催日:平成19年7月12日(木)〜13日(金)
場 所:青山学院大学 青山キャンパス
第10回 新素材及びその製品の非破壊評価シンポジウム
開催日:平成19年11月22日(木)
場 所:千葉県産業支援技術研究所
活動予定 行事カレンダーでご確認下さい。

 

 

     
1か月半年年間

<<2017年02月>>

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
1か月半年年間
1か月半年年間