学術活動

各部門・研究会のページ

各部門・研究会のボタンをクリックしてください。

 

部門・研究会案内 −鉄筋コンクリート構造物の非破壊試験部門(RC)-

活動内容

 コンクリートは、セメント、水、細骨材(砂)、粗骨材(砂利)、混和材料(混和材、 混和剤)から構成され、固まったコンクリート構造物は、社会資本の形成を担う主要な 構成要素となっています。戦後から相次いだ建設ブームにより、建築ストックは膨大な 量となっています。持続可能な発展を目指すためには、これらストックをスクラップす ることなく活用していかなければなりません。特に、高度成長期に多量に建設されたコ ンクリート構造物が補修・補強、解体の時期を迎えるにあたり、コンクリート構造物の 迅速で精度の良い調査・診断技術が求められています。 従来の鉄筋コンクリート構造物の非破壊試験特別研究委員会は、平成元年(1988)4 月 の設置以来、コンクリート構造物、とりわけ鉄筋コンクリート構造物を中心に、非破壊 検査のための試験方法に関する情報交換及び調査研究を目的に活動してきました。この 活動を引き継ぎ,本部門では、年間3 回の講演会の開催、外部組織との共同研究、NDIS 規格の原案作成協力、シンポジウムの開催などを行う予定です。

 【キーワード】
コンクリート構造物、非破壊試験、非破壊検査、強度推定、強度試験、鉄筋探査、欠 陥探査、品質評価

 

     
1か月半年年間

<<2017年06月>>

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
1か月半年年間
1か月半年年間